かんすけの頭の中

頭の中で考えていること、興味のあることの雑記です

AMP化した記事がサイト全体で3ヶ月未更新にも関わらず1ページ目に!

毎日AMP化、AMP化うるさいかんすけです。

さて、私かんすけは3ヶ月以上更新していないアドセンスメインのトレンドブログを1つ所有しています。

そのサイトでは1記事だけテスト的にAMP化していた記事があるのですが、気付いたら検索結果下位→上位に表示していたという実例です。

 

 該当ブログのスペック!

検索結果上位に表示されたAMP記事が掲載されているトレンドブログのスペックをぶっちゃけます。

記事数:500記事

文字数:各1500~2000文字

カテゴリ:芸能、スポーツ、お役立ち、イベント等なんでもありの雑記

ドメイン取得日:2017年2月

 

こんな感じです。

 

AMP化した記事のこと

そして該当の記事ですが、主に自分の好きなタレントのネタ記事です。(1300文字程度なのでめちゃ捨て記事ですよね)AMP化し最初に投稿した際には、既にレッドオーシャンとなっていた為、ドメインパワーは多少あったにも関わらず最初にインデックスされた時は3ページ目でした。

 

そしてそのブログ自体、3ヶ月以上放置プレイ&単なる月数万円の自動販売機化されていた為、検索順位の推移などは当然見ていませんしかし、先日ひさしぶりにアクセス解析等を行っていた所、該当の記事が1ページ3位~4位をうろちょろしているではありませんか!

 

全く更新していないのにも関わらず、3ヶ月でここまで順位を上げてくるってすごくないですか?普通ブログの更新をやめたらドンドン順位が下がっていくというのが、web界隈では常識とされてきたはずです。しかも検索ニーズがすぐなくなるトレンドブログなら尚更。

 

これってもしかしてAMP化の影響???

AMP化しているおかげで検索順位が下がらない???確かに、ライバルブログをチェックしてみると、AMP化されている記事が1位、2位、その他の2ページ目、3ページ目の記事はAMP化していません。

 

もしランキング上位にAMP化が関係しているのなら、本当に今後すべてのブログでAMP化の実用を考えたほうがよいのかもしれません。

 

そうなるとやっぱりWordPressテーマはわいひら@寝ログさんのCocoon一択?

  

Google神が言ってること!Xデーは7月

Google神はこんなことを言っています。

2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

そうなんです。2018年7月から検索結果のランキング要素にページスピードが関係してくるんです!

しかも現在すでに、パソコンとスマホの検索結果ではページスピードが遅い、早いでランキングが微妙に違ってたりします。

”Speed Update” に於いて影響を受けるブログがどれほどあるのか疑問です、しかしこういうGoogleの公式で言っていることには逆らわずに従った方が今後のことを考えるとよいかもしれません。